であい.COM で 出会い 新発見
by
Cyberz Inc.
日記系.jpでショッピング
友達を誘う
ようこそ! ゲストさんトップメニュー >> しんげつさんの日記(DBLGB439)2006年3月18日
新規メンバー登録 - ID/パスワード再送 - 設定変更 - ログイン

メンバー登録

集まるかぁ〜れんだー
  (新着:)
「であい.COM」で出会える秘密
1.ユーザ登録とログイン
2.プロフィールの登録
3.理想の相手をサーチ
4.メッセージを送ろう!
「であい.COM」でよくある質問
◆ご利用について
◆登録の疑問・質問
◆使い方の疑問・質問
◆設定の変更,解除
◆リンク,取材等


であいニュースで新着出会い情報をGET!であいニュース
登録はこちら


iモード,SoftBank,
EZweb,Lモード,
ASTEL,AirH"PHONE,
WindowsCE,
PLAYSTATION3, PSP,
NINTENDO DS/Lite対応
集まるかぁ〜れんだー情報
架空請求に注意!!であい.COMは無料サービスです.利用料の請求等は一切行っておりません.身に覚えの無い請求には一切応じないでください
「であい.COM」は日記を軸としたコミュニティーサービスです。必ず規約を遵守してご利用ください
[日記をつける]


ここをクリック
しんげつ(♂)■@メル友(異性)(48歳)千葉.船橋/浦安近辺在住/勤務・エンターテイメント系
 ただ普通に生きるだけでも大変ですね。知的な話の好きな方とまったりと会話ができると楽しいなあと思っています。読書大好きで、部屋中本だらけ。ゆったりとした時間を一緒に持てると楽しいかな。仕事は、メディア関係で、プロとしてたくさん文章を書いてます。
[アクセス 10/24]
日記(全部で35日分)RSSRSS2.0ATOMOPML
次の15件>
■2006/03/18(土)
編集と久しぶりにトラぶっている。苦労して書いた原稿に思いっきりカットが編集者判断で入った。過去に何度かそういうことは経験しているが、率直にいって、納得がいかない。友人に言わせると『』を見るといいらしい。三谷幸喜が初めて書いたドラマの脚本が、あずかり知らぬところで勝手に書き換えらたという経験を元にした作品らしい。こういうのは恨みとして残るんだよね。まだ、未掲載で最終原稿がどうなったのか不明だが、いつか三谷にように借りは返そうと心に誓った。
■2006/03/17(金)
「思春期事例を多く診ている臨床家に共通する考え方として、『現代の青年は20歳ではなく、30歳で成人する』というものがあります。ここには30歳までは思春期心性がかなりのこっているという、臨床的な実感が込められています」(精神科医の齋藤環氏の著作から)なぜ30歳に伸びたのかといった、詳細についてはここでは述べられていないのだが、我々の精神実感にも割とそう感じ方ではないかと思う。寿命が延びてきたことで、思春期の年齢が延びている。若者は幼くなったのではなく、成長が緩やかになった。それが今の社会の実情ではないかと思う。
■2006/03/16(木)
朝までかかって、PS3関連の分析記事を入稿。発表された資料からではぼかされている部分があるので、行間を読んで、英語の情報を拾って裏を取った。かなり調べた労作の原稿だと自分でも思う。多分事実関係に間違いはないと、情報の整合性を取って確信できるようになってきた。/英語圏の連中と来週の出張に向けてメールのやりとりが続く。へたれの英語も、5年もやると、まあ、さすがにそれなりに。習うよりなれろだ。友だちからパーティの招待状が届くのもうれしい気分。
■2006/03/15(水)
昨日の自分と今日の自分は同じ人物?正確には別人である。脳の状態は、かなり違っている。1年前なら?10年前なら?当然、今の自分とまったく考えていることも違うし、感じていることも違う。まるで別人といっても問題ないほど違う。それにもかかわらず、そう感じないのは脳の錯覚である。当時の脳の状態を正確に記録する方法はまったく存在しないため、10年前の自分のことを一番知っていると思いこんでいる。記憶は嘘を付く。脳細胞にならなかった記憶は、忘れたことさえ思い出すことができない。記憶できる思い出は極めてごく限定的というのが本当。
■2006/03/14(火)
どうしてこんなに生きるということは大変なの?時代は便利になったからずっともっと人が幸福になるためには方法があるんじゃないの?どうして、こんなにみんな苦しんで見えない迷路を彷徨うように生きているの? ねえ、生命は美しく、そこにいるだけで意味がある。生きるだけの価値がある人生があると「君」は「私」に言ったはずじゃないか。だけど、だけど。目の前の、自分の目の前の小さな現実の前にそういう想いは簡単に吹き飛ぶ。何のために、なぜ生きている?君はそこにいてはいけないの?私はいいって言いたい。言えるだけのやさしさが心からほしい。
■2006/03/13(月)
人の脳は、それぞれ、視覚優位か聴覚優位かのどちらかに別れる特徴がある。個々人によってはっきり差がある。単純にいかえるなら、読むのが優先か、聞くのが優先かということである。仕事の仕方も大きく異なり、文書をやりとりするのが好きか、口頭での報告が好きかということになる。まわりの人間がどちらに属するか考えてみるとおもしろい。私は明らかに、聴覚優位。人と話すのがそもそも好きで、インタビューが好きだったりするのも多分そういう理由。逆に書類を書くのはものすごい苦手。うー、毎年の確定申告辛い。
■2006/03/12(日)
友人が作ったゲームが北米のある賞でいくつもの部門でノミネートを受けている。実際受賞できるかどうかわからないが、渡米中のカンファレンスのセレモニーで明らかになる。「植物のような人」と彼のことを別の友人はそう呼んだ。太陽のなかに放り出すと倒れてしまいそうな繊細な人だ。セレモニー会場で会うことを楽しみに、まだ解いてなかったので最後までプレイした。それは救いといえるのだろうか? 無垢の象徴たる少女の行く末を少年は見つめることなく終わりをとげる切ない物語。ただただ、切なく胸に迫る。何とか受賞を期待。今回の楽しみの一つ。
■2006/03/11(土)
人生に無限の可能性などない。あるゲームがあって、そのゲームの中でプレイヤーが実現できることの範囲を「可能性空間」という。我々が生きていく上で、人生でたどり着ける範囲には自ずから限界がある。人生にも「可能性空間」がある。我々は、地球から出て暮らしていくことはできないし、100年も生きれば死ぬ。食べたり、寝たり、基本的な条件やルールや制約は勝手に決まっている。その空間の中で、意思決定を重ねて、生きている。人生がゲームなのかといえば、答えはイエス。ただ、それを意識して生きているかどうかには大きな違いがある。
■2006/03/10(金)
人の幸せとはどういう状態なのだろう? ここ1週間、山のようにそれぞれの方のプロフィールや日記をずっと読んできた。そうすると、それなりにパターンがあることが感じられるようになってきた。根が物書きなので、勝手に分析していることはご容赦。女性の関心は、やっぱり、料理、食事、散歩、ペットといったものに集中しているんですね。また、本当に精神的に疲れてる方が多いのに驚く。みんな疲れてるんだなあと。そういう発見をかなり個人的にはしていて、学習した感じ。それで最初の質問になる。ああ、面倒になってきた、いろいろ地でいこう。
■2006/03/09(木)
出版社から、ビジネス書の企画どうなりましたーという電話が…。書けば必ず出版してくださると言ってるのに、どうも書こうというモチベーションが出てこない。頭の中にネタはいくらでもあるし、読みたいという話も散々いろんな人に言われているんだけどなあ。毎週の某誌のコラムに全力投球しすぎて、エネルギー使い果たしてる傾向がある。コラムも、恐ろしいほど読まれてるから、毎週ちょっとプレッシャー。署名記事の辛いところだなぁ。で、締切過ぎてるので、朝までに書かねば…。
■2006/03/08(水)
すてきに感じる詩に出会った「私は私のために生きる。あなたはあなたのために生きる。私は何もあなたの期待に応えるために、この世に生きているわけじゃない。そして、あなたも私の期待に応えるために、この世にいるわけじゃない。私は私。あなたはあなた。でも、偶然が私たちを出会わせるなら、それは素敵なことだ。たとえ出会えなくても、それもまた同じように素晴らしいことだ。」(ゲシュタルトの祈り フレデリック・パールズ) あなたが生きている、ただ、それだけでも素晴らしいことなのだと。最後の一行には込められているように思う。
■2006/03/07(火)
自分の書いた原稿が載ってるのを見ると、いつもながら変な気分がする。自分で書いた原稿なのに、若干チェックが入って大抵修正が入るから、自分で書いた気がしないようなするような(書いてるのはビジネスの記事です)。時間が経つと、もう今度は自分の書いたものでも、実感がなくなっていく。一日原稿書こうと逡巡。まあ、完全な締切が来て追いつめられた気にならないと結局は、書けないか。アメリカのニュースとかばっかり見てた1日。
■2006/03/06(月)
毎年のアメリカ出張まであと2週間。1週間ぶっ通しのカンファレンスに出席予定。それに向けて段々と緊張感が増してきた。着いたらすぐ、友人との会食の予定があったり、とにかくいろんな人に会って、取材にもかけまわる。昼間は会議で夜はパーティの繰り返しですんごく楽しいんだけど、交渉事も抱えているから、まだまだ事前準備進行中。がんばらねば。付け焼き刃で、しばらくさぼっていた英語学習を集中再開。やるぞ〜。
■2006/03/05(日)
なんというか、考え方というか生き方を変えようと強く思った一日。説明するのが難しいのだけど、自分の中で大きな変化が起きた。もっと、肩の荷を気軽にして、リラックスして生きていってもいいのかなと。何となくそういう生き方もあるんだなと。そして、そういうことができる自分がいることを発見したことが大きな収穫だった一日。そう、いい方に考えるパターンができればいいんだね。
■2006/02/24(金)
「世界には脳で知覚できないことの方が、知覚できることよりもはるかに多い。その知覚できない限界が『』」というのが、養老先生の首尾一貫した主張なのだが、『超』でその逆に誤解する人がたくさんいるという内容を読んで、ふーん、と思った。脳で知覚できることがすべてだと主張するとはけしからんという、お怒りになるらしい。金ですべて買えるなんて言い出す人は、まさに「」の内側で暮らす人。生きていると買えないものが多すぎる。年齢を重ねるとわかることでもあるけど。
次の15件>



ユーザーピックアップ
ココアさん□■いろいろな人といろんな話をして、お互い判り合えるなんて素敵だよね♪自分にも素直に
みかさん☆☆■毎日 色んな話が出来る人と出会えたら良いなぁって思ってます。私と友達になってくれ
さん■あっちこち独り言日記書いてたけど、結局出会い目的でイヤになって戻ってきました♪女
yu+kiさん☆☆■逢えました♪(^^)逢ってない歴記録をリセットして、今日から又、更新予定です(^^;
真子さん■素敵な男性と出会いたいな〜

[PR]
日記系.jp

by
Cyberz Inc.

メニューに戻る

[ 利用規約 | 管理人日記 | ご質問(Q&A)・お問合せ | プライバシーポリシー | 設定変更/解除 | 広告のご案内 ]
cyberz.jpCONOE.netであい.COMLn.jpHITCHART.COM
Cyberz Inc.Cyberz Community PlatformMITERUVCastEngine
Copyright(c) 1999-2009 Cyberz Inc. Allrights reserved.
であい.COM登録商標」はサイバーズ株式会社が提供しています

X-Banners by Cyberz Inc.
X-BannersX-Banners
RSS RSS2.0 ATOM OPML