であい.COM で 出会い 新発見
by
Cyberz Inc.
日記系.jpでショッピング
友達を誘う
ようこそ! ゲストさんトップメニュー >> ウル・ファヌアさんの日記(CWGDB398)2004年3月10日
新規メンバー登録 - ID/パスワード再送 - 設定変更 - ログイン

メンバー登録

集まるかぁ〜れんだー
  (新着:)
「であい.COM」で出会える秘密
1.ユーザ登録とログイン
2.プロフィールの登録
3.理想の相手をサーチ
4.メッセージを送ろう!
「であい.COM」でよくある質問
◆ご利用について
◆登録の疑問・質問
◆使い方の疑問・質問
◆設定の変更,解除
◆リンク,取材等


であいニュースで新着出会い情報をGET!であいニュース
登録はこちら


iモード,SoftBank,
EZweb,Lモード,
ASTEL,AirH"PHONE,
WindowsCE,
PLAYSTATION3, PSP,
NINTENDO DS/Lite対応
集まるかぁ〜れんだー情報
架空請求に注意!!であい.COMは無料サービスです.利用料の請求等は一切行っておりません.身に覚えの無い請求には一切応じないでください
「であい.COM」は日記を軸としたコミュニティーサービスです。必ず規約を遵守してご利用ください
[日記をつける]


ここをクリック
ウル・ファヌア(♂)■@メル友(異性)(53歳)広島.広島市近辺在住/勤務・専門職
 ■【ウル・ファヌア】は、ポリネシア語で・『森と・大地』の、意味です。■■長い間・アクセス不能でした(・-;)。なんとか・帰ってこれました(・^∇^・)。【ヨカッタ】■□■
[アクセス 03/14]
日記(全部で129日分)RSSRSS2.0ATOMOPML
次の15件>
■2004/03/10(水)
UKの「チャールズ皇太子」と「マン島」と「アイリッシュ・ウィスキー」の事を書こうと思っていたが【止めた】■東京文京区の元水道局の土地にマンションが建つ■財政難で「区」が売ったのだ■そこには住民に愛されていた【】が■【】と書いたのは今日・斬られた・からだ■『』ではない■あと十日で『』しそうな【桜】を伐るのは、幼子を【斬った】のと『』だ。■今日「サカキバラ・セイト」だった少年が【仮出所】した■桜も子供も【】は・だ■『桜』となって散った【英霊】達・・日本はどうなる・のだろう?
■2004/03/09(火)
【科学は決して「」では、ありません。チベットの『死者の書』や、中国の「気孔」、さらには古代インドの「アユール・ヴェーダ」を、再発見するべきなのです。本当の意味での『心身』の医療への理解こそが「」に不足している・と、痛感致しております。先生のなさっていらっしゃることは、まさに「人の心と体を・癒し治す」本当の医療です。■恵可のように、「左腕」を切断し「求道」の赤誠を示さなくては、教えを乞うことは・叶わないのでしょうか。】■■『或る方』にお出しした手紙だ。世の中には・エライ人がいる。お会い出来るだろうか?
■2004/03/08(月)
PCのインターネットを・切られた!。『料金滞納』だ。金曜日に「」が・あったらしい。土曜日に【】振り込んたが、【『復旧』は火曜日の午前零時に・なります。】と・オペレーターの「」に【優しい声】で宣告された。3日間・PC に触れなかった。■月末ハガキが・来ていた。【「通帳の残高・不足」の為・○日迄に振り込みが確認されない場合「」の接続を…】■も・切られた。■泣いた。。【渡る世間は・鬼ばかり】だ。後は「」しか・ない。PCももない3日間は、さすがに『』だった。(;o;)。
■2004/03/07(日)
長島茂雄監督は、うちに「二度」来られている。■広島戦の翌朝「ひょっこり」という感じだった。■大騒ぎだった。■丁度「浪速のロッキー」こと赤井秀和さんがドラマの撮影をしていたのに・スタッフ迄、飛んできた。■■二度目は、丁度「」のシーズンだったので高校生の歓声と「」のフラッシュが・凄かった。■長島さんは「」な顔・ひとつされず「」さえ・かけていた。■■伝教大師は『一隅を照らす。その人をもて・国宝・となす』と言った。■ミスターの「」には・人々を「癒す」力があった。一日も早い御快癒を・。
■2004/03/03(水)
【大木平蔵】という世襲の【雛人形師】が。三代前の『飾り雛』をオフクロが『買った』。去年の11月だ。明治28年の『第4回国内勤業博覧会』有功2等受賞の【男雛女雛】だ。オフクロは『』道楽で十数組・『市松人形』は二十数体「」。『マル平』さんの【お雛】さんは・やっと手に入れた。「買った」と、ほぼ同時に【】を崩し手術した。■お雛さまは昔、「流し雛」といって子供の【】を祈って川に流した【形代】なのだ。■【災厄】を流すのだ。■ 「」が憑いていたんだろう。■【お祓いして】と・母が言う。おいおい・・。
■2004/03/02(火)
その点・勝海舟は慧眼で【豚姫】の事を『どうも・いふにいはれぬ良い所があった』と書いている。■元治元年八月■龍馬は西郷に「会い」に行く。勝海舟の『使い』だ。■ 初対面■龍馬は「ボロボロ」で薩摩入り。「垢」まみれで西郷宅に着くなり【褌】を所望する■西郷の妻は「」フンドシを渡す■帰宅した西郷が烈火の如く怒る■【国事に奔走する草莽の志士に古褌とは!新品を】■泣きべその「妻」【在りません】■西郷は【せめて洗い立てを】と・しょげる。龍馬【呵々大笑】。■清貧なのだ・。二人とも。■この「妻」の【名】が知りたい。■
■2004/03/01(月)
三条実朝に仕え・後に男爵になる尾崎三良が明治15年一人の女性に会っている。■沖縄視察旅行の帰り・「」で。■原文には『西郷南州の愛妾「玉鶴」』とある■【島刀自愛加那】である■『西南の役』の五年後だ■『優美の名にして英雄の愛妾なれば定めし美形』と期待していると■『浅黒き醜面、島風の衣服、手甲に入墨、足は徒跣(裸足)』で『喫驚』()とある■ 四十六歳の愛加那は着の身着のままで駆けつけたのだ。■その『純朴さ』こそ【至誠天に通ず】の西郷が「愛した」ものなのだ■尾崎は『明きめくら』だった・わけだ。■
■2004/02/29(日)
西郷は【お虎】や【お辰】に『』は持ったろう。だが「」は分からない■西郷には『』に残した妻が・あった■【愛加那】(あいがな)だ■西郷は『島流し』になる・■安政六年(1859)当地で結婚。西郷32歳・愛加那23歳。ところが文久二年(1862)帰国命令。だが、彼は直言をなし久光の逆鱗に触れ再び遠島。七月徳之島へ。八月愛加那は「会いに」行く。だが数日で更に沖永良部島に遠島。西郷が再び許されるのは元治元年(1864)。愛加那とは四日で別離■それが最期だ■西郷は愛加那を【】いた・と思う。
■2004/02/28(土)
やりきれない!■古代ローマでは『反逆罪』は【磔刑】だった■スパルタクスも「」■現代人は「」が■十字架に【】(掌ではない)と・重ねた足の甲を【釘付ける】■すると「」はどうなるか■ 自分の【】をで支えると激痛が!。だから【足】に移す。激痛が!。■掌だと、「ちぎれて」しまう■【】は『尺取り虫』のように【天】に向かって上下・し続ける。「何時間」も・だ■この状態でイエスは『神』を称える詩編を唱え続けたのだ■松本智津夫■ にも、・やって・やると、いい。「奴」は【何】と・叫ぶ・か。。
■2004/02/27(金)
『出典』不明。だが急ぎ書く■聖バレンタインとは【バレンテイヌス】の事だ。■皇帝クラウデイウス2世は「」が【】したがらないのは【家族と恋人の為】と・独断、『』を【】する。インテラムナ(現デラモ)の牧師バレンテイヌスは「皇帝と雖も『愛する事』を禁じる事は出来ない」と・【挙式】を行い続けた。■投獄■ AD270年2月14日「処刑」(確か・斬首)■時期外れで書くのは【NOVA】の為だ■『異文化コニミケーション』だとっ!!■「」を否定し「愛」をして?!■■自衛隊のイラク派遣を【非難する】平和ボケのキミ・どう、思う?
■2004/02/26(木)
維新の志士達には「現地妻」が・いた。■『英雄色を好む』■だが・例外がいる■西郷隆盛だ。■が、・全く・無かったワケでもない。■勝海舟の『氷川清話』に【豚姫】が出てくる。■西郷が愛した祇園の茶屋の仲居で「綽名」の通り肥っていた・そうだ■本名【お虎】■モウひとりが■『南州翁逸話』に出てくる。■薩軍が琵琶湖畔で勢揃いしイザ東征!というその時■参謀西郷の馬に取りすがって号泣する肥った醜女がいた■【お辰】だ■西郷は下馬し、彼女を抱きしめ「涙」した・■全軍「」者なくシーンと・なった。■西郷らしいイイ話だ。■
■2004/02/25(水)
鹿鳴館の女主と礼賛された賢婦人がいた。木戸孝允の妻【幾松】だ■木戸は「逃げの桂」。■『池田屋』でも直前で中座し難を逃れる■神道無念流斎藤道場の塾頭は、新撰組から遁走し【乞食】になって橋の袂に潜む。密かに握り飯を落とし続ける芸者がいた■幾松だ■「人」を斬らない剣豪は参議になり元勲になる■彼に「」し続けた美人芸子は正妻となり賢婦人と称賛された■【おうの】と比較しては・いない。■ 龍馬と新婚旅行した【お竜】は土佐に居たが暗殺後、横浜の散髪屋と再婚した。■操を貫いた「佐那女」の墓には【龍馬妻】と・ある。
■2004/02/24(火)
高杉晋作の作った都々逸に『三千世界のカラスを殺し、ぬしと朝寝がしてみたい』というのがある。■晋作はこれを愛妾「おうの」に教える■熊野権現の牛王符には烏が描かれていて遊女が誓約を破るとそのカラスが死ぬ■神使を殺すのだから『天罰』が下る。でも■「世界中のカラスを殺してもアナタと朝まで一緒に・いたい」■という歌だ。■晋作の死後「おうの」は俊輔や狂介に無理矢理【尼】にさせられる。■後の伊藤博文や山県有朋だ■晋作が聞いたら赫怒しただろう。■確かに彼女は「身持ち」が悪かった■が、やはり・悲しい話だ。
■2004/02/23(月)
「首切り朝」こと山田朝右衛門は罪人の【打ち首】が本職だった。が、【】も・あった■『』だ。■江戸時代、遊郭の遊女は『常連』の馴染み客の足が遠のくと【起請文】を送った。■【ぬしさん以外とは、もう情を交わしたくない・・だから、早く「身請け」しに迎えに来て】と。■無論これだけでは・誰も信じない■【熊野牛王宝印】の『神符』に血書し「神罰冥罰各可罷蒙者也、仍起請状如件」と自分の【小指】を切って添える■左右二本しか・ない。■だから「首切り朝」は罪人の死体の『小指』を【売った】のだ。遊女達に…。■■
■2004/02/22(日)
『コトバ』の達人だった宇野信夫が学生に【殺し文句】を聞かれ・書いている。■「生憎・これまで言われた経験がない。言って貰いたいと、願っている」と。■そして「」の話として■大棚の若旦那が芸子に言われたセリフを挙げる。一流の「綺麗所」だからと遠慮して、お座敷に呼んでも三度四度・酒を酌み交わすだけ■すると・彼女がポツンと■【いつまで、で・いるの。つまんない】■二人は「抜き差しならぬ」関係に・なって・しまう。■驚いた。■【口説き文句】と、【殺し文句】は・違うのだ!!■ 確かに「言われて」みたい、・か。
次の15件>



ユーザーピックアップ
アキさん□■人生プラス思考で!!
イレックさん■プロフうそ(o‘∀‘o)最近お気に入りさんの日記読むだけになってます〜
ゆりぁさん☆☆■しばらく…冬眠
菜々さん☆☆■一緒に夢をもちましょう!健康になりたい方、お金持ちになりたい方、メールくださ〜い
ユキさん□■いろいろな地域の人と楽しく会話を!

[PR]
日記系.jp

by
Cyberz Inc.

メニューに戻る

[ 利用規約 | 管理人日記 | ご質問(Q&A)・お問合せ | プライバシーポリシー | 設定変更/解除 | 広告のご案内 ]
cyberz.jpCONOE.netであい.COMLn.jpHITCHART.COM
Cyberz Inc.Cyberz Community PlatformMITERUVCastEngine
Copyright(c) 1999-2009 Cyberz Inc. Allrights reserved.
であい.COM登録商標」はサイバーズ株式会社が提供しています

X-Banners by Cyberz Inc.
X-BannersX-Banners
RSS RSS2.0 ATOM OPML