であい.COM で 出会い 新発見
by
Cyberz Inc.
日記系.jpでショッピング
友達を誘う
ようこそ! ゲストさんトップメニュー >> ウル・ファヌアさんの日記(CWGDB398)2004年1月23日
新規メンバー登録 - ID/パスワード再送 - 設定変更 - ログイン

メンバー登録

集まるかぁ〜れんだー
  (新着:)
「であい.COM」で出会える秘密
1.ユーザ登録とログイン
2.プロフィールの登録
3.理想の相手をサーチ
4.メッセージを送ろう!
「であい.COM」でよくある質問
◆ご利用について
◆登録の疑問・質問
◆使い方の疑問・質問
◆設定の変更,解除
◆リンク,取材等


であいニュースで新着出会い情報をGET!であいニュース
登録はこちら


iモード,SoftBank,
EZweb,Lモード,
ASTEL,AirH"PHONE,
WindowsCE,
PLAYSTATION3, PSP,
NINTENDO DS/Lite対応
集まるかぁ〜れんだー情報
架空請求に注意!!であい.COMは無料サービスです.利用料の請求等は一切行っておりません.身に覚えの無い請求には一切応じないでください
「であい.COM」は日記を軸としたコミュニティーサービスです。必ず規約を遵守してご利用ください
[日記をつける]


ここをクリック
ウル・ファヌア(♂)■@メル友(異性)(53歳)広島.広島市近辺在住/勤務・専門職
 ■【ウル・ファヌア】は、ポリネシア語で・『森と・大地』の、意味です。■■長い間・アクセス不能でした(・-;)。なんとか・帰ってこれました(・^∇^・)。【ヨカッタ】■□■
[アクセス 03/14]
日記(全部で129日分)RSSRSS2.0ATOMOPML
次の15件>
■2004/01/23(金)
■《ピッ・ぴっt!・!!■【イエロー・カード】!!・(ぬぬ、。)■■「」!■、、頂き・ました・。・■、【】社から。!■■「三日間」、・■【出場・停止!!】《処分…》■■、、いいもん・ね〜。。■「」まで、・■【】する・■だけさ・!!■ 、『フンっ』■■、『』は、こんな・【】・じゃ、ない…■■「当分」、このまま・で、「」・けど。。■【】かける・から、■「零時」には、■【】に・戻します。。■■ ああ、もう少し・【】で、・・■いたかった・■、な。・・■□■
■2004/01/22(木)
■『Ken′Bar』のCDを聞いて・る。■こんな事「しては」いけない・のだ。。■サイトが【】する・し、■ここで・「個人的感情」を【吐露】(暴露・では、ない!)しては、、■いけない。■「今」・見ている・【写真】が・ある。■ その「写真」を・眺めながら、【】も、酒を・飲む。。■ボクが・最初に・「」した・頃、■彼女が・【】に・してた・■『写真』・だ。■ボクは・その、「写真」が・■【】だ。■「何処か」アンニュイで・「繊細で」、「かたくな」で・「」で・「」・・■そう、言った、■この・「写真」が・。
■2004/01/21(水)
1269年に死んだバーナード城主、ジョン・バリオールの「妻」デボオギラ未亡人は、「夫」の【】を象牙の手箱に納め「肌身離さず」【私の最愛のハート。物言わぬ伴侶】と呼び続けた。彼女は、この世を去る時『私の遺体の上に・夫の【】を乗せて埋めて欲しい。二人の「」が永遠に離れぬように』と遺言した。彼女は生前、自分の墓地を選び・『寺院』を建立し【ドルケ・コル】と名付けた。ラテン語で【甘い心】の意だ。1290 年彼女の「」英・文学作品に初めて【スイートハート】の「名詞」が登場した。■愛は、時として・【】だ。■
■2004/01/20(火)
■■・ごめん、「立ち寄って」くれた・みたいだけど、「何」も・書いて・なくて。■■今日は『』を・書く・気に・なれないんだ。■■風邪をひいたり・「何」か・あった、訳・じゃない。■■「」しなくても・明日には・持ち直して、ます。■■・・。■□■☆彡…【1月20日:::22時30分現在・元気℃・:::華氏148度F::公式は『F=(9/5)C+3』だ:::★つまり・【元気です!】(笑)★☆★
■2004/01/19(月)
■E$10とのメールに「」してて、『』を考えていない。■「」・・■仕方無いので、【】で■お茶を濁す。。■□■西暦40年・ローマ皇帝によって・ローマ帝国元老議員に「任命」された、■【馬】が・いる。■■名は【インチ・タトウス】、その馬の頭は■【禿げて】いた。■その馬を献上したアラブ人が■「この馬は、人の『』が・分かる」と、言った・から、 ■「議員」に・任命した皇帝の名は、■【カリギュラ】■■27歳■ その一年後、 怒った「元老議員」達によって・■■【殺された】■□■::「」って、言ってよ。
■2004/01/18(日)
『喝采』という・がある。1954年制作。主演のグレース・ケリーはこので・オスカーを手にする。今は落ちぶれ酒浸りの歌手の「夫」を支え続け、カンバックさせる「田舎娘」の妻が・彼女・だ。後の「モナコ公国王妃」の彼女が『』(の原題)を、演じきったのだ 。始めは彼女を誤解している作家のw・ホールデンも、彼女も、「互いに」惹かれあって・ゆく・・■「」の結末は・言わない。■Fサガンが書いている【愛とは相手を完全に所有しようとする欲望ではなく、その人の幸せを愛そうとする・その歓びの持続です】と。
■2004/01/17(土)
■今日はPホテルのバーラウンジで、「」飲んだ■23階の其処からは、「」の街並みが見渡せる■昼でも・夜でも・ない時間がゆっくりと・流れてゆく・■ボクは・人・を待って・いた。■来る筈の無い、人だ■去年6月札幌のJR・Gホテルのバーでも、「」だった■ やはり・「人」を待って・いた。■来る「筈」はない・のだが、『』は・来ていた、のだ■ただ、【】だけだ■二月の七日■は、東京にゆく■八月の二十日■は、旭川・だ■たぶん・「」で、飲んでいる■だろう■ホテルのバーで■「」苦い・酒を。■
■2004/01/16(金)
■「」に渡り・「」分の日記を分けて掲載した。■つまらない・こと、をした。■やはり・「」感じた・ことを■「」・書かないと■ 感性が枯れた・「」だ。■「鄙びた」寿司・みたいに、『』が、ない。■実際、「」256字で・【言いたい】事を・考え・書き・推敲・添削・清書・掲載・は、『』だけど、■だから・こそ、『意義』が・ある。■【】にとって・だ。■ たとえ、『』に登録して・頂いて・いる人が、【】(ほんとは・二人・このサイトの場合・笑)でも、だ。■『』は、いつも・【】!■
■2004/01/15(木)
【第一夜】初夜■『なるほど…兵法というわけですね。「兵者、詭道也。故能而示之不能、用而示之不用、近而示之遠、遠而示之近。利而誘之、亂而取之、實而備之、強而避之、怒而撓之、卑而驕之、佚而勞之、親而離之。攻其無備、出其不意。此兵家之勝、不可先傳也。」まさにその通りだと思います。』【】■■いかが・ですか?■ボクも・いろんな方と「」のやり取りをさせて頂いたが『孫子の兵法』を引用する『』には、初めて・【出会った】。彼女はこのサイトの人ではなく、ボクの【】を読んでいないのだ。つまり僕の【】論を・・。
■2004/01/14(水)
【第二夜】■『ウフフ…こう見えても読書が趣味ですの。アンニュイさんのように知的な方と知り合えて嬉しいです。アンニュイさんのおっしゃるとおりですね。敵を知り(相手の性感帯を察知)己を知れば(自分の得意技や身体的特性を熟知する)百戦危うからず、ですね。』■□■知的・性戯、、。■コメントを差し控えたいが、敢えて・書く。こうゆう香り立つ「妖艶な微笑」の如き文章は・やはり30代の女性だ。ただ・用心しないと、ドン・ホセに成りかねない。・・彼女の香水は「ゲラン」のような・気がする。『』と『甘美』は、姉妹・なのだ。【】
■2004/01/13(火)
【第三夜】■『・私も…知的で自制心も教養も備えた立派な男性が、我を忘れて押し寄せる快楽の渦に溺れ堕ちゆく様を見つめるのが好きです。幼児が美しい蝶の翅をむしり取って刻々と近づく死の痙攣を眺める…そのようなある種の破壊衝動が、私の心の奥底にもあるのかも知れませんね。』■□■この時ボクは、父ヘロデ王に・バプテイスマのヨハネの生首を所望した・サロメ・を、思った。或いは、渡辺淳一の『』の・凛子・だ。■愛する者の「滅ぶ」様を・自己の絶頂にしたいという性的倒錯の根底には、禁忌の侵犯への畏れと、エロスが・ある。【】
■2004/01/12(月)
■『或・女性』からの「」を転記したい。■スゴク・いいのだ。■勿論ボクはその人に「会って」いないし、多分「会え・ない」だろう。■尚、最後から最初へ向けて・なので、御注意を。では・・■【第四夜】(最終夜)■『そのお言葉、嬉しいですね。男は女への性愛の極致において、遂には女体そのものを憎むもの…そしてその事が更なる快楽の扉を開く鍵となります。愛と憎は表裏一体。女は男を、男は女を、あらかじめ失われた愛の極半身として認識しているからこそお互いに惹かれ、そして激しく求め合うのでしょうね… 』【
■2004/01/11(日)
昨日は「イイ日」だった。■『会者定離・愛別離苦・は、「」の世の倣い』■『時もまた・一代の過客にして・流れる水の如く、逢うては、別れ、再び・また・会う事なし』■ その、『無明(むみょう)の浮世』で、■別れた「」に・■ふたたび・『会えた』のだ。■仏説に・『盲亀の浮木に会えるが如く』というのが、ある。■■百年に一度、大海原に顔を出す・盲目(めしい)の老亀が、たまたま・流れ着いた流木の室(むろ・穴)に、スッポリ・頭が入る・が如く『稀有』・なのだ・という比喩だ。■それ程「」よ。また会えて・Nさん。
■2004/01/10(土)
いつの日か僕が「」とき、僕を愛して「くれた」人の『名』を■心で・反芻するより、■僕が愛して・でも、「愛しあえなかった」人の『名』を■想い出しながら■「」ゆき・たい。■「」の『』で、僕の人生は■「煌めいて」いられた・と、■「愛させて」くれて・『』って。■「報われない」それらの『愛』ので・僕の人生は「」で、人を「思いやる」こと・を■「知り得た」の・だから、■・もし、■その時■「」でも、■ボクの手を「握って」■静かに涙を「流し」ている■人が、いたら・■もう・それで・・
■2004/01/09(金)
エロテイシズムは挫折する運命にある」と澁澤龍彦は書いたが、それは・それが禁忌を破戒する宿命を背負うからに他ならない。しては・ならないことを・おかす時、人は其処にpsyche()のeros()を感じ取るのだ。psycheはギリシャ神話の女神で、元は人間の美少女だった。その美に嫉妬したアフロデテ(美の女神)が息子の(愛欲の神)に命じこの世で最も残忍な醜男に恋情させようとする。が・は誤って「恋の矢」で自らを傷つけ「始めて見た」彼女に恋してしまう。erosはpsycheを愛撫するが、人間の彼女には・その姿が見えないのだ。【続】
次の15件>



ユーザーピックアップ
さん■
さん■
さん■
さん■
さん■

[PR]
日記系.jp

by
Cyberz Inc.

メニューに戻る

[ 利用規約 | 管理人日記 | ご質問(Q&A)・お問合せ | プライバシーポリシー | 設定変更/解除 | 広告のご案内 ]
cyberz.jpCONOE.netであい.COMLn.jpHITCHART.COM
Cyberz Inc.Cyberz Community PlatformMITERUVCastEngine
Copyright(c) 1999-2009 Cyberz Inc. Allrights reserved.
であい.COM登録商標」はサイバーズ株式会社が提供しています

X-Banners by Cyberz Inc.
X-BannersX-Banners
RSS RSS2.0 ATOM OPML